豊岡RC・豊岡円山川RC 賀詞交換新年合同例会(1月10日)

2020.01.10

田中洋会長の「新年のご挨拶」

 豊岡RC、豊岡円山川RC会員の皆様、新年明けましておめでとうございます。皆様におかれましてはご家族と共に輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。また、旧年中は、多大なるご支援、ご協力をいただきありがとうございました。
 先ずは、昨年暮れから3泊4日で行ってまいりましたIAC・RACの「台湾スタディツアー」から全員無事に帰ってきたことをご報告いたします。若宮ガバナー補佐にも同行していただく予定でしたが、お孫さんがお生まれになるということで、ご一緒できませんでした。おめでとうございます。
 さて、昨年は地震災害こそありませんでしたが、10月の台風19号による東北、関東、中部地方の被害は甚大なるものでした。ロータリーも義捐金を送りましたが、特に千葉では長期間の停電となり、市民生活に多くの不便をもたらしました。気候変動は地球温暖化が原因と言われています。そして、世界的には温室効果ガスの排出削減が言われています。
 ロータリーは主に、六つの重点分野で発展途上国や貧困国の支援を行っています。世界経済やインフラを考えると、スウェーデンの16歳の環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんの言っていることを直ぐに実現に向けて実行することは困難とも考えられます。おそらく、ロータリーは近いうちに第7の重点分野として「環境保護と地球温暖化防止」を考えることでしょう。ここ2年、豊岡も雪が積もりません。私の新しい除雪車の出動機会がなく、ガレージで泣いています。今年は雪が積もることに期待しながら、皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。